カラオケ うまくなる 方法

カラオケ うまくなる 方法記事一覧

物真似でカラオケ上手に

物真似でカラオケ上手に「マイクを持ったら離さない」というほどのカラオケ大好き人間は世の中にいっぱいいます。でも、みんながみんなカラオケ上手とは限りません。マイペースに独自の歌い方を続けているからです。そもそも、カラオケは歌って楽しく過ごすことが目的なら、それで十分満足です。でも、「せっかく歌うのだか...

≫続きを読む

カラオケ上達は“量より質”

カラオケ上達は“量より質”練習(稽古)、練習、練習に明け暮れる毎日は、スポーツの世界でも音楽の世界でも、はたまた演劇の世界でも、そう、どのような分野であっても厳しく辛いものです。それが目標もなく、内容の伴わない練習だとしたら、空しさを感じてしまいます。そのような練習方法ではきっと、いくら多くの時間を...

≫続きを読む

マイクを知ろう、こう使おう!

マイクを知ろう、こう使おう!歌い手の声を集約するマイク。カラオケにマイクは、なくてはならない必需品です。でも、カッコよく持って自己アピールやパフォーマンスをするのに、もってこいの小道具として扱われがちですよね。音響効果面で、このマイクの使い方を意識している人は意外に少ないと言えます。マイクの持ち方を...

≫続きを読む

「立って歌う」が基本

「立って歌う」が基本日常の作法や多くの習い事に「正しい姿勢」という基本があるように、カラオケにも正しい姿勢は求められます。カラオケの上達を目指すのなら、日頃の練習を通じて正しい姿勢を身に付けることは必須といえます。日ごろの練習も基本的に、立って歌うことを励行したいものです。これには理由があります。一...

≫続きを読む

採点機能の活用法

採点機能の活用法「カラオケ上手くなりたい!」と、やる気になって練習始めたのはいいけれど、はたしてどのくらい向上したのか?みんなは上手くなったと言ってくれるけど、お世辞かもしれないし、実感湧かない。カラオケ上達を目指す人の多くが、こんな悩みを抱えているようです。機能的には完璧ではないとしても、一つの客...

≫続きを読む

エコーの使い分け

エコーの使い分けカラオケに行くと、これでもかというほどの大音量でエコーをかけている事がよくあります。カラオケにエコーはどのような効果があるのでしょうか。エコーの目的は、声に厚みを持たせ、歌の下手な人でも、声の小さい人でも、それなりに上手に聴こえるという一種のごまかし効果にあります。従って、自分の声を...

≫続きを読む

テンポアップでピンチ脱出!

テンポアップでピンチ脱出!オーッピンチ! 絶体絶命! 上達してないカラオケなのにいきなり歌うことになっちゃった、どうしよう〜〜。人生、このような崖ぷちに出くわすことが多々あります。でも、カラオケ程度の崖なら見事に超えてやりましょう。まず必要なのは度胸。披露する以上、肝を据えて、自信をもって歌えるよう...

≫続きを読む

声量アップはカラオケの原点!

声量アップはカラオケの原点!「アレッ!○○さん、いつの間にかカラオケ上手になったネ」という会話を時々聞きます。このような事例で○○さんが日頃していた練習は、意識して大きな声を出して歌うという練習なのです。皆さんがカラオケを上達させたいと思うのであれば、まず声量をつけることをお薦めします。大きな声でし...

≫続きを読む

キー(音程)の設定

キー(音程)の設定カラオケでよく見かける「キーが高いよ、もっと下げて!」というシーン。一人一人の異なる要望にもちゃんと応じてくれるのですから、カラオケは便利ですね。ところで最近は、素人にはなかなか歌いこなせないようなキーで歌うアーティストも多くなりました。昔の流行歌はテンポもゆっくりで、メロディーも...

≫続きを読む

いつも気にして!カラオケのマナー&ルール

いつも気にして!カラオケのマナー&ルール楽しく過ごしたいカラオケタイム。練習目的の「ヒトカラ」でない限り、カラオケボックスでもスナックでも、数人から大人数まで、必ず誰かがご一緒します。となれば、そこには自ずととるべきマナーと最低限のルールがあります。そのいくつかを順不同に羅列し、その理由も添えてみま...

≫続きを読む

羞恥心はカラオケ上達の敵!

羞恥心はカラオケ上達の敵!ヒトカラ(一人カラオケ)を除いて、カラオケは基本的に人前で歌うものです。人前に出ることが苦手な人は、カラオケにも二の足を踏むことが多いでしょう。そうは言っても、今の時代、カラオケはお付き合いの場でもあり、時には大切な仕事の場にもなりますから、避けてばかりはいられません。どう...

≫続きを読む


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法