採点機能の活用法

採点機能の活用法

採点機能の活用法

 

「カラオケ上手くなりたい!」と、やる気になって練習始めたのはいいけれど、はたしてどのくらい向上したのか?

 

みんなは上手くなったと言ってくれるけど、お世辞かもしれないし、実感湧かない。

 

カラオケ上達を目指す人の多くが、こんな悩みを抱えているようです。

 

機能的には完璧ではないとしても、一つの客観的な判断材料としてカラオケの採点機能の活用があります。

 

カラオケの採点機能は、機械のお気に入りな歌い方を心掛ければ、かなりの高得点が出せるようです。

 

でも、それが曲者でもあります。

 

というのも、心を込めて歌いたいと感情移入をした途端、点数が下がり気味なのはみなさん経験済み。

 

楽譜に忠実にリズム・テンポ・音程を外さないよう気を遣いながらの歌唱を強いられます。

 

点数欲しさに抑えて歌うと、ストレス発生!となります。

 

この点、かなり割り切って利用する必要があります。

 

もっとも、自分では修正不可能な状態になった“個性的な歌い方の矯正”には有効かもしれません。

 

採点機能を割り切って楽しむとして、その際の高得点を望むなら、コツはあります。

 

声は大きく、ハッキリと、伸ばすところは必要最低限しっかり伸ばし、切るところはキッパリと切ります。

 

感情を抑えた歌い方になると、少し味気ない感じもしますが、いろいろ工夫しながら試してみましょう。

 

なお、機械は歌う声を判断するだけで、歌っている人の心境や背景等は一切評価してくれません。

 

囁くように歌う場面を本当に囁いて歌ったために、マイクが集音できず、減点評価になることはよくありますので、最低限の声は出さないといけませんね。

 

最後に、「プロの歌手が採点機能を使って自分の持ち歌を歌ったら、低い評価だった。」という場面がテレビで放映されることがあります。

 

人が聴いて心地良く感じる歌い方であっても、機械はそのように評価してくれません。

 

結論として、採点機能を活用するときは、結果に一喜一憂することなく、「参考になることもある」程度に考えておけばいいのではないでしょうか。

 

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法