エコーの使い分け

エコーの使い分け

エコーの使い分け

 

カラオケに行くと、これでもかというほどの大音量でエコーをかけている事がよくあります。

 

カラオケにエコーはどのような効果があるのでしょうか。

エコーの目的は、声に厚みを持たせ、歌の下手な人でも、声の小さい人でも、それなりに上手に聴こえるという一種のごまかし効果にあります。

 

従って、自分の声を練習できちんと確認したいときには切ることをお薦めします。

 

カラオケの練習をするときに必要以上にエコーを効かせると、伴奏がよく聴こえなくなります。

 

そればかりか、チェックしなければいけない自分の声まで聞こえにくくなり、練習にならなくなります。

 

自分の欠点は何処にあるのか、その欠点を修正したが思った通りに歌えているかなど、細かなチェック作業をしたいときにはエコーは邪魔な存在になるからです。

 

もし、本気でカラオケを上達させたいのなら、練習時のエコーは絶対に使うべきではありません。

 

一方、程良いエコーは耳に馴染み、より上手に聴こえる効果も確かにあります。

 

実際に、リズムや音程の僅かなズレなどをうまく掻き消してくれる効果もあるので、一概にその存在を否定することはできません。

 

だから、練習では一切エコーを使わなくても、実際に披露する場面では適度なエコーで効果を狙うのも大いにアリでしょうね。

 

ただ「エコー使っても『下手な人は下手、上手い人でもそれなりに』」という冷めた目線の声もあるように、エコーが歌唱力をアップするわけではありません。

 

そこのところを間違えるといつまで経ってもカラオケの上達はおぼつかないと思います。

 

さて、少なからずエコーの効果はあるようですが、実際にどのように使えばいいのでしょうか。

 

上手な使い方のポイントは、曲のテンポに合わせた強弱設定にあります。

 

リズミカルでテンポの速い曲にはエコーは控えめにします。

 

強くすると言葉が聞き取りにくくなるからです。

 

反対にスローテンポの曲であれば、少々エコーを強くしても言葉はハッキリ聴き取ることができます。

 

自分のカラオケ上達の程度に合わせて、より上手く聴かせる手段として取り入れてみましょう。

 

エコーは、歌唱に自信のない人が歌う時の“応援団”と、控えめに考えれば、それもエコーの確かな効果となります。

 

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法