テンポアップ ピンチ脱出

テンポアップでピンチ脱出!

テンポアップでピンチ脱出!

 

オーッピンチ! 絶体絶命! 
上達してないカラオケなのにいきなり歌うことになっちゃった、どうしよう〜〜。

 

人生、このような崖ぷちに出くわすことが多々あります。

 

でも、カラオケ程度の崖なら見事に超えてやりましょう。

 

まず必要なのは度胸。

 

披露する以上、肝を据えて、自信をもって歌えるように心の準備をすることが大切です。

 

次に、カラオケ“程度”と言うのには訳があります。

 

ピンチに際して即席でマスターできる方法があるのです。

 

ご紹介しますので、ぜひ挑戦してみてください。

 

その方法とは、元歌をアップテンポさせる方法です。

 

上達していないということは当然に、少なからずの弱点があって、一曲をマスターできていない状態ということになります。

 

差し迫った状況下、にわかにレベルアップが望めないとなれば、臨時の特別作戦敢行です。

 

アップテンポすることでその弱点を抑えてしまうという、良い意味での誤魔化し作戦です。

 

元歌のテンポではゆっくり過ぎて、あちこちで綻びが目立っている状況です。

 

それを、テンポを速めることで目立たなくしてしまうのです。

 

ひとつひとつの言葉が短くなりますから、僅かな音程のズレやリズムのブレが目立たなくなるというわけです。

 

ただ、過剰なアップは禁物です。

 

せいぜい1〜2程度にしておきましょう。

 

それ以上アップすると、元歌を知っている人ならかなり違和感を抱いてしまうからです。

 

自分で歌える範囲でアップすることは当然ですが、聴く人に違和感を与えない範囲で設定することも大切なポイントです。

 

なお、崖ぷちでなく、カラオケ上達のためにじっくり取り組みたい時には、自分で弱点捜しをしやすくするために、テンポダウンすることをお薦めします。

 

自らハードルを高くすることで弱点がより鮮明になり、問題なしと思っていた部分が新たな課題として出現するかもしれません。

 

それらの課題を克服できたと判断したら、元のテンポに戻して曲の仕上げへと向かうことになります。

 

最後に元歌のテンポに戻す理由は、元歌のテンポがその曲に最適なテンポとしてカラオケで配信(一般に認知)されているからです。

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法