声量アップ カラオケの原点

声量アップはカラオケの原点!

声量アップはカラオケの原点!

 

「アレッ!○○さん、いつの間にかカラオケ上手になったネ」
という会話を時々聞きます。

 

このような事例で○○さんが日頃していた練習は、意識して大きな声を出して歌うという練習なのです。

 

皆さんがカラオケを上達させたいと思うのであれば、まず声量をつけることをお薦めします。

 

大きな声でしっかりと歌うことができれば、それだけでも聴く人の印象が変わります。

 

普段は大きな声で話している人が、カラオケのマイクを持った途端に声が小さくなったり震えたりするなら、それは緊張が原因です。

 

声量がなければ特に高い音が出しづらくなり、自分自身で面食らうこともあります。

 

 

元々声量がないわけではないのですから、そういう人は、一人カラオケで何度も何度も練習を重ねてください。

 

そして、自分なりに上達を感じるまで練習し、歌唱力も、人前で歌う雰囲気にも自信をつけてください。

 

自信がつけば、度胸もつき、本番でもしっかりと声が出せるようになります。

 

マイクを持ってある程度の声が出せる人の場合は、無理して大きな声を出すような練習は必要ありません。

 

今はカラオケ機械の性能も著しく向上していて、少々の音量アップ程度ならマイク自体の音量アップで解決できるからです。

 

機械の力を借りずに自分の声量を上げたいというのなら、そのような発声練習を身に付けなければなりません。

 

その第一は腹式呼吸のマスターです。

 

  • 声量アップ、
  • 長く続ける発声、
  • 遠くに届く通った声、
  • 囁くような歌い方

など、感情籠めて歌うためにはどうしても腹式呼吸のマスターが欠かせません。

 

ステージで華やかに歌うプロの歌手は、本番のステージのために毎日練習を重ね、完成度を上げ、自信をもって聴衆に披露します。

 

だからこそ聴衆は安心して聴くことができ、感動と興奮の冷めやらぬ中、満足して会場を後にすることができます。

 

このとき、このプロ歌手がもし、声量のない小さな声で自信なさそうに歌っていたら、二度と聴きに行きたいと思わないでしょう。

 

声量アップはカラオケ上達の原点です。

 

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法