キー(音程)の設定

キー(音程)の設定

キー(音程)の設定

 

カラオケでよく見かける「キーが高いよ、もっと下げて!」というシーン。

 

一人一人の異なる要望にもちゃんと応じてくれるのですから、カラオケは便利ですね。

 

ところで最近は、素人にはなかなか歌いこなせないようなキーで歌うアーティストも多くなりました。

 

昔の流行歌はテンポもゆっくりで、メロディーも比較的素直な曲が多かったので、キーの変更もなんとかこなせていました。

 

今は、自分自身でキー設定するのが難しくなっていますが、自分に合ったキーコントロールはどうしても身に付けなければいけません。

 

これさえ身につけば、原曲のキーが高いと思えば下げ、低いと思えば上げればいいわけです。

 

カラオケの機種によっては、原曲よりも歌いやすい、一般人好みのキー設定がされていることも多くなりました。

 

では、キーコントロールは具体的にどのようにすればよいのでしょうか?

 

一つの曲の中には、いくつかの塊や流れがあります。

 

俗に「Aメロ」「Bメロ」「サビ」などと言われています。

 

このうちサビの部分は一番盛り上がるところ、一般的に高音域発声が求められます。

 

「Aメロ」「Bメロ」はむしろ低音域で、声量を抑えつつもしっかり発声が要求されるところです。

 

そこで、サビ部分に少し余裕があれば、「Aメロ」「Bメロ」がしっかり歌える高さにキー設定するのが一つの考え方です。

 

一方で、サビ部分をしっかり歌いたいのであれば、その部分を自分の一番ベストな高さに持ってくるというキー設定もアリですよね。

 

実際に自分に合ったキーを設定するためには、何度か歌ってみることが不可欠です。

 

予め、自分の一番歌いやすいキーを知っておくことが重要です。

 

何度も聞いて、曲自体は知っていても、実際に本番で歌ったことがないというのではキー設定は覚束ないでしょう。

 

一人カラオケの機会を作り、自分に合ったキーを確認しておきましょう。

 

それで無難に歌えるようになれば、本番でも自信をもって歌うことができます。

 

簡単なキー操作として、「一オクターブ上げてキー設定し、その低い音程で歌う」という方法があります。

 

この方法で上手く歌えることが意外と多いのです。

 

ぜひ試してみてください。

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法