カラオケのマナー&ルール

いつも気にして!カラオケのマナー&ルール

いつも気にして!カラオケのマナー&ルール

 

楽しく過ごしたいカラオケタイム。

 

練習目的の「ヒトカラ」でない限り、カラオケボックスでもスナックでも、数人から大人数まで、必ず誰かがご一緒します。

 

となれば、そこには自ずととるべきマナーと最低限のルールがあります。

 

そのいくつかを順不同に羅列し、その理由も添えてみましょう。

 

まず、歌う側のマナーとして

 

○一人一曲で交代すること・・・マイクハナサナーズはいけません。

 

○誰かが歌ったすぐ後に、同じ曲を歌うこと・・・何度も同じ演奏は聞きたくないし、「俺(私)の方が上手い!…感、丸見え』として不快に思われかねません。

 

○誰かが歌っているのに、マイクを取り上げて歌い続けること・・・横取り行為です。

 

○誰かが歌っているところへ、勝手にもう1本マイクを持ちだして、一緒に歌うこと・・・割り込み行為禁止です。

 

もちろん、予め『一緒に歌おう!』と誘われていれば、OKです。

 

続いて聴く側のマナーです。

 

○誰かが一生懸命歌っているのに、全く無視しておしゃべりしたり、大声を出したりすること・・・共同の場を理解していませんね、カラオケ以前の問題です。

 

○逆に、一人だけスマホや携帯画面を眺めて、人の歌を聴かないこと・・・場の雰囲気を壊します。

 

カラオケに長けた人の歌でも、そうでない人の歌でも、しっかり聴くことで何かしら得ることはあるでしょう。

 

歌う人も聴く人も一体となって、カラオケタイムはお互い楽しく過ごしたいものです。

 

○人の歌を聴いて勝手にアドバイスしたり、批評したりすること・・・歌って楽しければそれで満足という人にしてみれば、大きなお世話、ときにはイチャモンつけられたと思うかもしれません。

 

確かにそれが指導者と生徒の立場でもない限り、余計なおせっかいということになってしまいます。

 

自分勝手な行為は迷惑行為と自覚して、楽しい雰囲気作りを心掛けましょう。

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法