羞恥心はカラオケ上達の敵!

羞恥心はカラオケ上達の敵!

羞恥心はカラオケ上達の敵!

 

ヒトカラ(一人カラオケ)を除いて、カラオケは基本的に人前で歌うものです。

 

人前に出ることが苦手な人は、カラオケにも二の足を踏むことが多いでしょう。

 

そうは言っても、今の時代、カラオケはお付き合いの場でもあり、時には大切な仕事の場にもなりますから、避けてばかりはいられません。

 

どうせしなければならないのなら、楽しくするように心掛けてみませんか?

 

恥ずかしくて歌えないのなら、自信をつけて恥ずかしさをなくせばいいわけですから、
まずは場数を踏むことです。

 

習うより慣れろです。

 

並行して、見えないところで地道に練習することも必要です。

 

自信がないと、声も小さくなりがちですが、練習の時には大きな声を出すことをいつも意識してください。

 

究極の目標は、この歌だけは自信をもって歌える! という持ち歌(十八番)を作ってしまうことです。

 

繰り返し練習して上達を実感してくると、誰かに聞いて欲しいという欲も湧いてくるものです。

 

友達誘ってカラオケに行って、気軽な雰囲気の中で思い切り披露してください。

 

次はもっと自信をもって歌えます。

 

でも、すぐにでも披露する場が与えられていてそんな悠長な時間がない…なんて切羽詰っているときもあります。

 

そんなときの対処策の一つに選曲の技があります。

 

まだ世間にあまり知られていない曲を一通り歌えるようにマスターしてしまうのです。

 

その歌を聴く人の耳がまだ肥えていませんから、多少の下手さがあっても多くの人は気が付きません。

 

披露するときは、咽喉をしっかり開いて大きな声で歌いさえすれば、それが聴く人には自信をもって歌っていると聴こえるものです。

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法