「立って歌う」が基本

「立って歌う」が基本

「立って歌う」が基本

 

日常の作法や多くの習い事に「正しい姿勢」という基本があるように、カラオケにも正しい姿勢は求められます。

 

カラオケの上達を目指すのなら、日頃の練習を通じて正しい姿勢を身に付けることは必須といえます。

 

日ごろの練習も基本的に、立って歌うことを励行したいものです。

 

これには理由があります。

 

一言でいうと腹式呼吸をしやすいということです。

 

腹式呼吸は、歌う時の望ましい呼吸法です。

 

座って歌うと上半身と下半身が折れ曲がってしまうため、声が出しにくいばかりか、共鳴作用が低下してしまうのです。

 

皆さんも経験あると思いますが、座って歌うと、なぜか息が漏れてしまうようで、声が出ません。

 

仲間とカラオケに行ったときに、自分の順番が来ると「よし!」と気合を入れて立ち上がる場面がよくあります。

 

あれは身体が、立って歌うことを欲しているからです。

 

思いっきり歌いたいときは、必ず立ち上がります。

 

カラオケの上手な人やプロの歌手は、声量があり、遠くまで届く、よく通った声を出し易い腹式呼吸をしています。

 

腹式呼吸は、息を長くし、朗々と歌うことや感情籠めて歌うことができるため、練習を重ねて身に付けているのです。

 

そういった人たちは、座って歌うことをほとんどしません。

 

座ったままで歌うと、表現力が抑えられ、感情豊かに歌えないからです。

 

カラオケ上手の人やプロの歌手でさえ敬遠する歌い方が、素人にできるわけがありません。

 

歌を歌うということは、身体全体を楽器にするということです。

 

いい音で、よく響く楽器として機能させるためには、身体全体が真っ直ぐになっていることが望ましいのです。

 

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法