音痴の歌上達法

音痴の歌上達法記事一覧

腹式呼吸を身に付けましょう!

腹式呼吸を身に付けましょう!「カラオケ上手は“腹式呼吸”」と言われます。いったいどのような呼吸をしているのでしょう。人間の呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。普段何気なく行っているのは胸式呼吸法。一方、歌を歌うときに心掛けたい方法が腹式呼吸法。胸式呼吸は、日常会話の際の呼吸法でもあり、また、...

≫続きを読む

歌のイメージトレーニング

歌のイメージトレーニング早く上達したいとばかり、毎日カラオケ屋さんに通い続ける…なんてことは現実的にはなかなか難しいものです。でも上達するためには、充実した練習の機会を多く持つことはとても大切です。そんな時、わざわざカラオケに足を運ばなくてもできる練習法があります。声を出さずにできる、歌のイメトレ(...

≫続きを読む

リズムに乗ろう!

リズムに乗ろう!音楽にリズム、カラオケにリズム。リズムは体で感じ、自然に反応するもの。このリズムというのは、理屈で理解するものではないため、普段あまり気にしていないのですが、時として厄介な存在となります。リズムに乗れなくて考え込むようだと、歌うことが難しくなります。そのいい例を、テレビの「のど自慢」...

≫続きを読む

しっかり発声

しっかり発声カラオケに慣れていない人の特徴として、「声が小さい」ことがあります。自信がないから「か細い声」になってしまうのです。でもこうした歌い方は、却って聴く人を心配させ、その雰囲気がまた自分に跳ね返ってきます。カラオケをするときは、恥ずかしがらないで思いっきり声を出すようにしてください。大きな声...

≫続きを読む

咽喉の管理を怠らない

咽喉の管理を怠らないカラオケ好きな人たちはいくら歌っても歌い続けられますが、慣れない人が長時間にわたって歌い続けると咽喉に痛みを感じるようになります。もし歌っている最中に咽喉に違和感を感じたら、どうしますか?そうですよね、少し歌うのを控えて咽喉を休ませます。咽喉に休養を与えることはとても大事なことで...

≫続きを読む

口を開ける?咽喉を開ける?

口を開ける?咽喉を開ける?口を大きく開けることと、咽喉を大きく開けることは「似て非なるもの」です。合唱経験のある人は、口を大きく開けて歌うように、耳にタコができるくらい指導されたことと思います。そういう経験のある人は、往々にしてカラオケで歌う場合にも口を大きく開いて歌わなければいけないものと思い込ん...

≫続きを読む

録音で聴くわが“美”声

録音で聴くわが“美”声カラオケに何度も行くけど全然上達しない!なんて思うこと、ありませんか?どんな習い事にも共通するのは、一朝一夕で上達することはないということです。カラオケも同じで、歌うたびに少しずつ上達していくものです。専門家にお願いして個人レッスンを受けるほどでなく、ひたすらカラオケで練習する...

≫続きを読む

自分のキーを心得て

自分のキーを心得て世の中には実にいろいろな曲があります。テレビに流れてくるアーティストの歌声にも『よくあんな高音が出るものだ』と感嘆することも多いですよね。中には、これはカラオケで歌ってみたいと思う曲に巡り合って、実際に歌ってみると、自分の発声可能音域をはるかに超えてしまっているケースがままあります...

≫続きを読む

滑舌を鍛えよう!

滑舌を鍛えよう!滑舌って何?ときどき耳にする言葉です。カラオケにおける滑舌とはどういう意味で、それを鍛えるとはどういうことなのでしょう。一般的に滑舌という場合、例えば、アナウンサーがニュース記事を読むとき、俳優が舞台でセリフを発するとき、落語、などでハッキリと滑らかな発声をすることです。そしてそれを...

≫続きを読む

表現力は歌唱力のパートナー

表現力は歌唱力のパートナー四十年以上前の古い話で恐縮ですが、戦後活躍した、当時でも既に懐メロ世界の大御所だった東海林太郎(しょうじたろう)という流行歌手がいました。年輩の方ならご存知でしょうが、この方の、ステージで歌う姿はいわゆる“直立不動”で、表情を変えないばかりか、身体も全く動かさないで歌うので...

≫続きを読む

ビブラートでより感動を!

ビブラートでより感動を!ビブラート それは、リスナーに捧げる“歌のコーティング”かなり以前、「美しい人は より美しく、そうでない方は それなりに」というCMがありました。カラオケにおけるビブラートは『上手な人はより上手に、そうでない人もそれなりに』ということになるのでしょうか。ご存知でしょうが、ビブ...

≫続きを読む

ボイストレーニングの魅力

ボイストレーニングの魅力今、特にプロの歌手を目指すわけではなくても、ボイストレーニングを学ぶ人が増えてきています。歌を上手に歌いたいという願望(=目的)も多くの人たちの「学ぶ理由」ですが、それだけではないようです。歌唱力の向上以外のダイエット、美容にも効果があると言われているのです。ボイストレーニン...

≫続きを読む

見えないところで地道な努力ヒトカラのおすすめ

見えないところで地道な努力ヒトカラのおすすめ仲間と行って、思いっきり歌えるカラオケ。その存在は歌好き人間にとっては、何にも代えがたい魅力です。でも、そんなカラオケに最近は、たった一人で行く人が増えているのです。みんなと行ってワイワイ騒ぐ雰囲気がいいのに、と思っている人たちにはなかなか理解できないでし...

≫続きを読む

練習ペースをマスターしよう!

練習ペースをマスターしよう!究極の選択!(前提条件なしで、素直に考えてください)与えられたカラオケの練習時間《10時間》で、1曲マスターしなければならなくなった時、貴方はA・Bどちらの方法を選びますか?A:1回の練習時間を5時間にして2日間でマスターするB:1回の練習時間を2時間にして5日間でマスタ...

≫続きを読む

音痴の克服は“度胸作り”で!

音痴の克服は“度胸作り”で!突然ですが、本当の音痴というのは10万人に1人とか言われるほど、なかなかいないものだということを御存じでしょうか?自分は音痴と思っている人のほとんどが、いざ歌ってみればなかなかどうして、結構最後まで歌ってしまうものなのです。人前で歌う機会がなくて場慣れしていないから、急に...

≫続きを読む

歌唱力 + ひと工夫

歌唱力 + ひと工夫一人カラオケは別として、一般的にカラオケに行く目的は「みんなで歌って聴いて、ワイワイ楽しい時間を過ごしたい。」ということでしょうか。一度楽しい雰囲気を体感すると、より上手に歌いたいという欲も出てきますし、カラオケへ行く回数も増えてきます。練習を重ね、ある程度カラオケが上達してくる...

≫続きを読む

裏声を活用して音域を拡げよう!

裏声を活用して音域を拡げよう!歌を歌っていると、自分で出しやすい音域と無理すれば出せる音域、さらに裏声になってしまう音域と全く声が出ない音域があることに気づきます。人によってこの声の出る音域の幅は大きく異なり、音域が広い人ほど、歌う歌の選択肢が広がりますからカラオケがより楽しくなります。音域の幅は練...

≫続きを読む

声量アップは裏声も!

声量アップは裏声も!カラオケで裏声を使うのは好ましくないと思っている人が結構いますが、本当に好ましいことではないのでしょうか?そんなはずはありません。実際、裏声を上手に使って、情感を籠めた歌い方で聴く人を魅了する歌手は多く存在します。ヨーロッパ・アルプス地方のヨーデルは裏声のオンパレードです。カラオ...

≫続きを読む


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法