腹式呼吸

腹式呼吸を身に付けましょう!

腹式呼吸を身に付けましょう!

 

「カラオケ上手は“腹式呼吸”」
と言われます。

 

いったいどのような呼吸をしているのでしょう。

 

人間の呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。

 

普段何気なく行っているのは胸式呼吸法。

 

一方、歌を歌うときに心掛けたい方法が腹式呼吸法。

 

胸式呼吸は、日常会話の際の呼吸法でもあり、また、ランニングをした後や坂道を駆け登ったときに息が上がり、両手を広げて胸いっぱいに呼吸する、あの時の呼吸法でもあります。

 

ラジオ体操の最後に必ず行う、深呼吸も殆どの人は胸式呼吸法でやっています。

 

あれだけ胸いっぱいに呼吸できれば、さぞかし歌もうまく歌える… と思いきや、
実は、歌を歌う場合に限って言えば、胸式呼吸の欠点が出てしまうのです。

 

理由は

  • 時にはコンマ何秒を争うこともある、短時間での大量の呼吸ができない。
  • 全身で呼吸するため、安定したリズムがとり難い。
  • 咽喉を圧迫して苦し紛れの発声になる。

などいくつかあります。

 

これらの欠点を補うのが腹式呼吸なのです。

 

『腹式呼吸』という言葉は一般的にはあまり馴染みがないのですが、コーラスの経験のある方はきっと聞いたことがあると思います。

 

そして、この腹式呼吸も日常生活の中で誰もが当たり前に経験しているのは意外でもあります。

 

わかりますか?

 

それは、横になって仰向けに寝ているときです。

 

身の周りにスペースを作って、試しに寝てみてください。
(スペースのない方は、確保できてからやってください。)

 

どうです?

 

自然にお腹で呼吸していることが解るでしょう。

 

できるなら、そのままの状態で歌を歌ってみてください。

 

それが腹式呼吸法での歌い方になります。

 

この呼吸の仕方を意識しつつ、歌いながらゆっくり立ち上がってください。

 

感覚が身に付くまで、何度も繰り返してみましょう。

 

実感できてきたら、実際にカラオケでマイクを持って歌ってみてください。

 

無意識に腹式呼吸ができるようになっていれば、その分カラオケもかなり上達しているハズです。

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法