録音 聴く

録音で聴くわが“美”声

録音で聴くわが“美”声

 

カラオケに何度も行くけど全然上達しない!
なんて思うこと、ありませんか?

 

どんな習い事にも共通するのは、一朝一夕で上達することはないということです。

 

カラオケも同じで、歌うたびに少しずつ上達していくものです。

 

専門家にお願いして個人レッスンを受けるほどでなく、ひたすらカラオケで練習する場合、自己評価が大部分を占めることになります。

 

しかし、これでは目に見える尺度がないために、上達しているのかどうか不安ですよね。

 

本当はかなり上達しているのに、それと気づかず練習をやめてしまう、もったいない事例さえあります。

 

こうしたことを防ぐ方法として「録音」があります。

 

練習開始時に最初の録音をして、練習後にもう一度同じ曲を録音します。

 

双方を聴き比べることで、自分の歌声を客観的に判断し、カラオケが上達したかどうかを確認できます。

 

でも、録音機材がなければどうするの?

そんな場合は、カラオケ業者を利用しましょう。

 

自分の歌声を録音してあとで再生聴取できる設備があるカラオケ業者なら可能です。

 

注意が必要なのは、すべてのカラオケ業者が当たり前に設置しているとは限らないので、予め電話等で確認しておくことですね。

 

録音できたら、今度はしっかり聴いてみることです。

 

何回も聴いてみることで問題点のチェックができるので、弱点修正のポイントが判ります。

 

テンポの速い曲、遅い曲など、世の中にはいろいろな歌があります。

 

できれば一曲だけでなく、いろいろなパターンの何曲か録音して聴き比べることをお奨めします。

 

速い曲の場合リズムに乗れないな…とか、どの曲も過度なしゃくりが気になるな…とか、自分の予想もしていなかった欠点や改善点が見えてくるかもしれません。

 

カラオケがあまり好きでないとか、お付き合いでたまに歌うだけという人も多いですよね。

 

そういう人は、単に「みっともなくない程度に歌えればいい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

 

そんな場合は、一番得意とする歌を一つ選びます。

 

さらに、その歌に曲調や音域が似ている歌、数曲を集中的に選びます。

 

あとは、十八番になるほどしっかり練習することですね。

 

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法