滑舌を鍛えよう!

滑舌を鍛えよう!

滑舌を鍛えよう!

 

滑舌って何?

 

ときどき耳にする言葉です。

 

カラオケにおける滑舌とはどういう意味で、それを鍛えるとはどういうことなのでしょう。

 

一般的に滑舌という場合、例えば、アナウンサーがニュース記事を読むとき、俳優が舞台でセリフを発するとき、落語、などでハッキリと滑らかな発声をすることです。

 

そしてそれを鍛えるとは、聞く人に「より鮮明で淀みなく、ハキハキと明るい」印象を与える話し方ができるように訓練するということです。

 

例にも挙げましたように、主として話すときに着目されることが多いのですが、実は、カラオケにおいても重要な要素となります。

 

というのも、特にテンポの速い曲の場合に、滑舌が悪いと言葉がしっかりと伝わらないことがあるからです。

 

滑舌の良し悪しを自分で知りたい場合はどうすればよいのでしょうか?

 

これがなかなか曲者で、自分で滑舌の良し悪しを正しく判断することは案外難しいのです。

 

なぜなら、多くの人は自分ではちゃんと話しているつもりでいるわけですから、もし実際に滑舌が悪いとしても、悪いと認識しにくいからです。

 

でも、精度は別として大まかな判断材料を得られる方法もあります。

 

手近なところで、新聞や雑誌の記事、小説や漫画などの文章を声を出して読んでみてください。

 

ボソボソした声であったり、スッキリ滑らかに読み進むことができなければ、滑舌が良いとは言えないことになります。

 

カラオケの録音機能等を活用して、自分の声を自分で聴いてみることも大きな判断材料となるでしょう。

 

 

カラオケ上達のためのポイントはいくつかありますが、リズミカルに歌うことも重要なポイントです。

 

気持ちは乗り乗りで、リズム良く歌っているハズなのに、滑舌が悪いために微妙にズレているような場合、そのことを認識できないことがあります。

 

また、たとえリズムは正確であっても、滑舌が悪いために言葉がハッキリと伝わらないといったこともあります。

 

滑舌をよくする訓練法に「生麦生米生卵」に代表される早口言葉があります。

 

最近はインターネットなどに、より難度の高い早口言葉が紹介されていますので、その中からお気に入りを選んで挑戦してみるのも方法です。

 

最初はゆっくりと話し、次第に速度を速めていきます。

 

毎日少しづつ継続していけば、きっと目に見えた効果が出てくると思います。

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法