音痴の克服 度胸作り

音痴の克服は“度胸作り”で!

音痴の克服は“度胸作り”で!

 

突然ですが、本当の音痴というのは10万人に1人とか言われるほど、なかなかいないものだということを御存じでしょうか?

 

自分は音痴と思っている人のほとんどが、いざ歌ってみればなかなかどうして、結構最後まで歌ってしまうものなのです。

 

人前で歌う機会がなくて場慣れしていないから、急に歌えと言われても自信が持てない。

 

だから音痴と自分に言い聞かせ、断る理由にもしているのです。

 

音痴を克服するというのは、「場慣れすること」と言い換えてもいいでしょう。

 

一度、思い切って一人カラオケを実行してみましょう。

 

下手でもいいから大きな声で、思い切り歌ってみるのです。

 

好きな歌を自分の思い通りに歌い、自ら酔いしれてみてください。

 

時には情感込めて、最大の盛り上がり部分も意識しながら、自己満足してみましょう。

 

慣れてきたら二人カラオケへと発展させ、仲間に聴いてもらいましょう。

 

度胸がついたらしめたもの、評価されるのは“上達の源”です。

 

こうして歌うことに慣れてくれば、自分なりにリズムや音程(キー)に気を使う余裕が出てきます。

 

カラオケの良いところは、バックミュージックが必ず流れて来ることです。

 

それをよく耳で聴くことが大切です。

 

バック音楽を聴くことにより、リズムやテンポを合わせていけますし、音程も外れないよう自分で調整できるようになります。

 

この辺りは「習うより慣れろ!」の領域でしょうか。

 

テンポの違いやキーのズレが起こると、その違和感に体が反応するようになります。

 

こうなると自然に、一段上のレベルを目指す意欲が湧いてきます。

 

音痴の克服は場慣れすること、度胸がつけば目標達成なのです。

 

そこから先が、うまく歌うコツを身につけ、聴かせる歌を身につける プロ歌手並のレベルとなるのでしょうね。

 

年末年始や異動の季節には、カラオケの機会も多くなります。

 

避けているより、人並みにマイクを持つ度胸作りを普段からしておきたいものです。

 

マイクはカラオケで使うだけではないのですから…。

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法