歌唱力 ひと工夫

歌唱力 + ひと工夫

歌唱力 + ひと工夫

 

一人カラオケは別として、一般的にカラオケに行く目的は「みんなで歌って聴いて、ワイワイ楽しい時間を過ごしたい。」ということでしょうか。

 

一度楽しい雰囲気を体感すると、より上手に歌いたいという欲も出てきますし、カラオケへ行く回数も増えてきます。

 

練習を重ね、ある程度カラオケが上達してくると今度は、自分の歌を積極的に披露して、その反応(ウケ)を知りたくなります。

 

自分の歌に感動して、集中して聴いてくれる人が欲しくなります。

 

反応が良ければさらに練習します。

 

と、ここまでは自分の力で到達できますが、いざ、歌を披露しているときに一人でも真剣に聴いてくれなかったら寂しいですよね。

 

ましてや大勢の人がほとんど聴いてくれないとなれば落胆この上なしです。

 

歌唱力は自分の努力でかなり解決できますが、聴いてもらうことは強制できませんから、悩ましいですよね。

 

でも、聴いてもらえるような何らかの手を打つことはできます。

 

そうです。

 

歌唱力以外の聴いてもらうための対策(テクニック)です。

 

そもそも、聴いてもらえない原因は、必ずしも「歌唱力の問題」だけではありません。

 

カラオケは、暗黙のルールで、一人一曲で交代していきますが、時として、人は交代しても偶然に同じタイプの歌が続くことがあります。

 

そんな場合の場の雰囲気は「飽き」が生じて、聴く人の集中力が低下しています。

 

あるいは、極端に盛り下がる歌で場が沈んでしまっているというケースもあるでしょう。

 

そんな時にまた変化のない歌を続けたら、耳もふさぎたくなります。

 

こんな時こそ雰囲気を変えることが大切で、ここがひと工夫の出し処となります。

 

例えば、マイナーな曲が続いた時、趣を変えて元気の出る歌を選曲したり、反対に乗り乗りの歌が続いたために場が少々疲れ気味の時はしっとり歌える歌を選ぶなどします。

 

メリハリをつけた選曲をするだけで、集中して聴いてもらえるようになります。

 

半分居眠りしている人も、この変化には自然と聴く耳を持つことでしょう。

 

ただ、このような工夫をさりげなく実行するためには、普段からレパートリーを広げ、歌える歌を数多く身に付けておく必要があることはもちろんです。

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法