歌のイメージトレーニング

歌のイメージトレーニング

歌のイメージトレーニング

 

早く上達したいとばかり、毎日カラオケ屋さんに通い続ける…なんてことは現実的にはなかなか難しいものです。

 

でも上達するためには、充実した練習の機会を多く持つことはとても大切です。

 

そんな時、わざわざカラオケに足を運ばなくてもできる練習法があります。

 

声を出さずにできる、歌のイメトレ(イメージトレーニング)です。

 

イメトレは、スポーツ選手もよくやっているそうですが、そのカラオケ版。

 

とくに、

  • 「遠くまで届く大きな声が出したい。」
  • 「咽喉に詰まったような歌い方でなく、よく通る声が欲しい。」

といった願望がある方にはお薦めです。

 

早速やってみましょうか。

 

手を伸ばせば届く範囲でなく、キャッチボールする距離でもなく、思いっきり遠くまでボールを投げても届かないような地点、
そう、東京ドームの端から端までを頭に描いてみてください。

 

それだけの空間だと、世間話の声の出し方では相手に聞こえません。

 

ホームベースから発した声が、外野スタンドにいる人に聴こえるくらいの声を出すにはどうしたらいいか、イメージしてみましょう。

 

咽喉の開け方や声の出し方など、工夫してあれこれ確かめてみるのもいいでしょう。

 

姿勢をよくして発声することで、イメージが具体化するかもしれません。

 

顔の中で響き方に変化が生じたことに気付くかもしれません。

 

イメージしているうちに、感覚的に何かつかめることを期待して続けてみてください。

 

咽喉が弱くてすぐ痛くなるような人は、できるだけ咽喉を意識しない工夫が必要です。

 

それには、咽喉のなかで声が快適に流れるイメージをもつことです。

 

例えが悪いですが、トイレットペーパーの芯(筒)を咽喉にはめ込んでスースーしている状態、その状態で朗々と歌う姿をイメージしてみてください。

 

咽喉の中が格段に広がって、スッキリと声が出せる、そんな感覚になってきませんか?

 

 

こうしたイメージトレーニングも、やり方によってはカラオケ上達の武器になります。

 

楽しく採り入れていきたいものです。

 

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法