しっかり発声

しっかり発声

しっかり発声

 

カラオケに慣れていない人の特徴として、「声が小さい」ことがあります。

 

自信がないから「か細い声」になってしまうのです。

 

でもこうした歌い方は、却って聴く人を心配させ、その雰囲気がまた自分に跳ね返ってきます。

 

カラオケをするときは、恥ずかしがらないで思いっきり声を出すようにしてください。

 

大きな声が出せれば、気持ちも高揚しますから、さらに大きな声が出せるようになります。

 

自信もついてきますから、聴く人も安心して聴けるようになります。

 

大きな声を出すだけで、カラオケが一歩も二歩も上達したと思っていいでしょう。

 

カラオケ上手な人たちは、マイクを手にした時から堂々と雰囲気作りをしています。

 

前奏を全身で浴びながら歌い出しへと向かいます。

 

用意周到!準備万端!自信満々!

 

このようにして、歌の第一声は「堂々とした大きな声」となってしっかりとマイクに向かいます。

 

自信がなく、おどおどした歌い方との違いは明らかですよね。

 

プロの歌手を目指すわけではなくても、できればカラオケ上手にはなりたいと、皆さん思いませんか?

 

 

専門的な知識や技術の習得は無理にしても、なんらかのコツを掴むことで上達できないかと。

 

そんな人に、発声の仕方で試していただきたい方法があります。

 

@お腹で大きく息を吸います。
A口先をご飯粒が通るくらい細くして空気を吐き出します。(このとき「フー」と声を出し続けてください)
B限界まで出し切ったら@に戻り、繰り返します。

 

肝心なのは、この繰り返しの中での姿勢です。

 

背筋を伸ばして、腹部に余計な力を入れないように、自然な呼吸を心掛けてください。

 

「フー」という声は、実際は口から出ます。

 

ですが、イメージとしては「背中で声を出し、後頭部を越えてはるか前方に届ける」という感じでしょうか。

 

これが、息を長く続けることの練習にもなり、よく通る声を身に付けるコツとも言えます。

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法