咽喉の管理を怠らない

咽喉の管理を怠らない

咽喉の管理を怠らない

 

カラオケ好きな人たちはいくら歌っても歌い続けられますが、慣れない人が長時間にわたって歌い続けると咽喉に痛みを感じるようになります。

 

もし歌っている最中に咽喉に違和感を感じたら、どうしますか?

 

そうですよね、少し歌うのを控えて咽喉を休ませます。

 

咽喉に休養を与えることはとても大事なことです。

 

自分に合った休憩配分を身に付け、常に実行してください。

 

休憩は咽喉の痛みを未然に防ぐ方法であり、長時間歌い続けても潰れにくい、丈夫な咽喉を作るという究極のカラオケ上達法なのです。

 

普通、咽喉が渇いたままの状態では声が擦れて歌い難いと思います。

 

咽喉の潤いが減少した時に大きな声を出したり、長時間歌い続けたりすると、咽喉は痛みます。

 

必ず、こまめな水分補給をしながら歌ってください。

 

水分補給と言っても、なんでもいいわけではありません。

 

よくない代表、まずはアルコール。

 

仲間と一緒のカラオケの場では避け難いのですが、アルコールは咽喉の水分を奪う作用をしますのでできるだけ控えたいのです。

 

乳製品も咽喉に幕を作るからよくないと言われています。

 

更に意外なのはウーロン茶です。

 

ウーロン茶は声帯の油分をとってしまうので、NGなんです。

 

その代り、紅茶はOKですよ!

 

紅茶は咽喉を開く働きをするため、声が通りやすくなるのです。

 

そして、「今日はいっぱい歌う!」というときは、ぜひ咽喉に優しい「のど飴」を用意しましょう。

 

突然ですが、「お腹いっぱい…」という満腹状態の時にカラオケすると上手く歌えないと言われます。

 

理由は、腹式呼吸はお腹いっぱい呼吸しますよね。(もちろん実際は肺に吸い込まれるのですが)

 

その時に満腹状態だと、イメージ的にもそれ以上の息を吸い込むことができない感覚になるでしょ。

 

そうなんです。

 

満腹状態だとお腹が苦しくて、腹式呼吸が上手くできないのです。

 

腹式呼吸が上手くできないと咽喉に過重な負担を与えることになります。

 

大きな口で、咽喉を大きく開いて歌うよう心掛けましょう。

 

咽喉のお手入れとお腹の管理、一見場違いなように思われますが、全く関係ないわけではありません。

 

 


カラオケがうまくなる教材 カラオケ うまくなる 方法 音痴の歌上達法